干支 置物(黄銅製・白銅製)丑・牛・うし 立牛 親子 雀三羽

干支 置物(黄銅製・白銅製)丑・牛・うし 立牛 親子 雀三羽






天神様の神使とされる縁起の良い立牛・親子の置物。

牛は学問の上達や"病気平癒"の願いが叶えられると、
云われています。

仲よし親子牛が、のんびり、ゆったり、くつろいで♪

小さな雀も、"厄をついばみ"、チュン~チュン♪
のどかな、ひと時、可愛いですね♪

金属でしか表現出来ないリアルな作り。

親子牛は全体に鏡面仕上げをした後、光沢の有る
伝統の煮色着色(山吹色)を施しています。

職人の磨き加工や着色等に拘った手仕事!

ちなみに丑年生まれの人は粘り強く誠実な人が
多いと云われています。

小さな親子牛なので置き場所を選びません。

丸台の径は約21cmです。ご参考に…

贈り物にも、ご利用下さい。

※丸台は商品には含まれません。

■製造
梅都工房
「梅都工房」は(有)京都銅器工芸にてデザイン・プラニング・製造された製品のブランドです。
「梅都」は明治時代後期より続く由緒ある蝋型鋳物師の名跡です。
■製法
伝統的な蝋型鋳造法により原型を制作。
研磨、彩色等京都の職人が一つ一つ手作業で仕上げております。
■デザイン
三代目平安梅都によるオリジナルデザインです。
京都らしい、洗練されたデザインは海外でも評価され、販売実績がございます。
⇒三代目平安梅都の略歴を"京都工芸舎について"からご覧になれます

■材質
 親子牛…黄銅製
 雀三羽…白銅製

■仕様
 鏡面仕上加工
 伝統の煮色着色…山吹色

■サイズ
 親牛…110mm×33mm×H58mm
 子牛…100mm×43mm×H39mm
 雀…12mm×7mm

●山吹色は昔より伝わる手作業による着色法なので
 個々の商品に色合が異なる場合が有ります。
 黄銅自体の微妙な配合の違いや着色液の、その
 時々の状態、気温・気候により着色具合が異な
 ります。
 商品画像の色は、だいたいのイメージになります
 ので、ご了承ください。
●煮色着色とは特別に調合した高温の着色液の中に
 作品を浸して着色する方法です。

●黄銅製とは銅を主とし亜鉛を含む合金です。
 主に銅が60%~70%亜鉛が30%~40%

●白銅製とはニッケルと銅の合金です。

<お手入れ方法>
 綺麗な柔らかい綿布で優しく乾拭きして下さい。