バカラ 【オブジェ 2612】 997 まねき猫 H10cm ゴールド

バカラ 【オブジェ 2612】 997 まねき猫 H10cm ゴールド




サイズ:H10cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。
招き猫は、前足で人を招く形をした、猫の置物。猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するため、古くは養蚕の縁起物でもあったが、養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物とされている。
右手を挙げている猫は金運を招き、左手を挙げている猫は人を招くとされる。一般には三毛猫であるが、近年では、地の色が伝統的な白や赤、黒色の他に、ピンクや青、金色のものもあり、色によっても「学業向上」や「交通安全」、「恋愛」など、意味が異なる。黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』などの理由から、「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。また、赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色、といわれてきたため、赤い招き猫は病除けの意味を持つ。 招き猫の由来にはいくつかの説がある。
今戸焼説

老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして浅草神社鳥居横で売ったところ、たちまち評判になったという
豪徳寺説

豪徳寺の和尚の飼い猫の手招きで雷雨に降られずにすんだことを喜んだ井伊家の直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという。幕末に桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓も豪徳寺にある。
自性院説

東京都新宿区の自性院が発祥の地とする説がある。劣勢の太田道灌が盛り返すことに成功した。
伏見稲荷説

京都市伏見区の伏見稲荷大社が発祥の地とする説がある。

公園に置かれた招き猫(ベトナム)
タイ王国、ソンクラー県ハート・ヤイ郡、Odeanデパート前の招き猫
中国でも街角にて、手を振る機能を備えた、金色の招き猫を見ることがある。
アメリカ合衆国ニューヨークの中国人街では招き猫はポピュラーな存在であり、レストランの入り口などに日本のものとほぼ同じ型の招き猫がよく置かれている。
和歌山電鐵貴志川線の貴志駅では、招き猫になることを期待され、三毛猫の「たま」が駅長に任命されている。

1764年 当時、フランスは打ち続くナポレオン戦争の終焉冷めやらず、経済的疲弊から 復興のために、フランス東部のロレーヌ地方統主であるモンモランシー・ラバルは ガラス業界への参入を考案し、 国王のルイ15世に ガラス工場設立の認化を求めて承認され パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに
クリスタルは バカラが 所を占めております。

今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。